酸洗いを依頼する業者

酸洗いとは何か?その方法や目的

酸洗いは、金属を熱処理した際にでる焼け跡やさびなどを塩酸などで洗浄・除去することです。メッキ加工などをする場合に必ず行わなければならない工程であり、この作業を省くと密着不良などが起きてしまいます。金属を取り扱う企業では、熱処理や溶接、ロウ付けなどをよく行いますが、その際に酸化被膜や不導体被膜、さびなどが発生します。それらを取り除くことで研磨作業の手間を省いたり、素材を綺麗に保つことができます。

酸洗いの方法ですが、まず前段階として水洗いを行います。その後金属を酸層に漬けることで不要な物質を除去します。この時、金属に均等に行きわたるようにすることが重要です。金属の種類によって使用する酸の種類や濃度などが違い、適切な配分量でないと効果を得られません。

酸洗いはどんな時に行うか

金属加工や金属製品を扱う企業は多くの場合、酸洗いの工程が必要となります。自社で酸洗いを行うところもあれば専門の業者に依頼するところもあります。また、一般の方でも業者に依頼することができます。酸洗いで外壁の汚れを取り除きたい場合、業者に依頼することで外壁の汚れを綺麗に取り除いてくれます。酸洗いに用いる薬品は塩酸や硫酸など危険な物質ですので一般の方が入手するのは困難です。そのため、自宅で酸洗いを行いたい場合には専門の業者に頼むようにしましょう。酸洗いは金属のさびなどを除去するだけでなく、外壁タイルや大理石、レンガやモルタルなど様々な物質の汚れを取り除くことができ、プラスチック看板や歩道などの洗浄に役立っています。