酸洗いのメリット

酸洗いは化学洗浄方法の一つ

酸洗いは酸性溶液に金属製品を浸すことで表面についた汚れを溶かすことで製品を綺麗にする化学洗浄方法の一つです。金属加工の現場ではよく行われており、特にステンレス加工を行う場合はほぼ必須に近いものとなっています。ステンレスが錆びづらい金属と言われる理由は、ステンレスに含まれるクロムと空気が反応することで形成される不動態皮膜が、ステンレス全体を覆って保護してくれる事に由来しています。しかしこの不動態皮膜にムラがあると剥がれやすくなってしまって防錆効果がうまく働きません。その点酸洗いの洗浄なら全体を均一に空気と反応させてムラのない被膜を張らせる事ができます。また塗装などを行う場合にもまずはその前に酸洗いを行う事が多いです。これは塗料と製品の間に油汚れなどが残ると塗料が浮いて剥がれやすくなってしまうのを防ぐためであり、欠かせない工程となっています。

酸洗いが持つ多くのメリット

酸洗いのメリットは非常に多く、その一つとして導入コストが低いという点が挙げられます。酸洗いに必要なものは酸性の溶液と容器などであり、そこまで複雑な機械などは必要とならないシンプルな工程がその理由です。また金属を加工したり溶接する過程で油汚れや煤のような黒い被膜が付く事があり、これらを研磨などで取り除くのは非常に時間がかかる上に製品に強い力がかかってしまうため、細い製品や薄い製品だと変形してしまう場合もあります。そうした場合に酸洗いなら変形させたり削ることなく汚れだけを綺麗に取り除くことが出来るメリットがあります。酸洗いでは浸した部分全体の汚れが溶けて取れるため、他の洗浄だとたまに見落としてしまうような洗い逃しが発生しないのも大きなポイントと言えるでしょう。