酸洗いのデメリット

酸洗いを行う理由や必要となる場面

酸洗いとは酸性の溶液に金属製品を浸すことで表面についた汚れを溶かして落とす事を目的とした化学洗浄の一つです。金属加工を行う過程で付くグリースなどの油汚れや溶接などの際に付着する黒いスケールなどをまとめて落とすために用いられる他、塗装の定着を良くして剥がれにくくする効果もあるため多くの現場で行われています。またステンレスの防錆性能を引き出すためにも用いられます。ステンレスは金属内に含まれるクロムが空気と反応することで不動態皮膜を形成し、これが金属を保護してくれることから錆びにくいという特性をもたせることが出来ます。しかし不動態皮膜の形成にムラが出来ると被膜が剥がれやすくなるため防錆性能が低くなってしまいます。酸洗いでは全体の汚れを取り去って均一に空気と反応させることができるため、ムラなく不動態皮膜を形成させられるのでステンレス加工にはほぼ必須であると言えるでしょう。

酸洗いの際に考えられるデメリット

酸洗いでは塩酸や硫酸といった人体に有害な薬剤を使用する事になるため、厳重な安全対策が求められます。また酸は汚れだけを選んで溶かしてくれるものではないので、酸の種類や濃度、比率や溶液に浸す際の温度や時間も適切に管理しないと製品が破損しかねません。加えて酸洗いでは有毒ガスが発生することもあるため、換気や排気にも気を使う必要があるため、かなり慎重に取り扱わなければならない側面があります。また隙間などの多い細工物だと、酸洗いに使った溶液を洗い落としきれずに後々茶色い汚れとして染み出すこともあるため、洗う製品の形状にも気を使わなければなりません。使った跡の廃液に関しても劇薬なので殆どの地域ではそのまま河川などに流出させる事は許されないので、水質汚染や環境事故を起こさないための設備や方法が必要となります。

塗装剥離には、剥離剤等の薬品を使用して行うものやサンドペーパーなどを使用し、削り剥がす方法もあります。