「シンク周りが汚い!!」このようなお悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。シンクなどの水回りは、水垢でどうしても汚れが溜まりがちになってしまいますよね。そんなお悩みを解決する一つの手段として、「酸洗い」があるということをご存知でしょうか。酸洗いの基礎知識についてご紹介します。

酸洗いとは?

酸洗いとは、金属を酸性の液に漬けることで、酸化された汚れを取り除くことです。酸性の汚れなら、この方法でキレイにすることができます。ここで酸洗いについての理解を深め、お手軽な掃除方法を確立してしまいましょう。

酸洗いの方法とは

酸洗いは金属製品に付着した汚れやサビ、溶接焼けなどを薬剤で溶解させて取り除く行為です。連結部分やネジの溝など狭い部分の汚れにも薬剤が浸透して残さず除去できるのが利点ですが、綺麗に洗浄するには対象の…

酸洗いのメリット

酸洗いは酸性溶液に金属製品を浸すことで表面についた汚れを溶かすことで製品を綺麗にする化学洗浄方法の一つです。金属加工の現場ではよく行われており、特にステンレス加工を行う場合はほぼ必須に近いものとな…

酸洗いのデメリット

酸洗いとは酸性の溶液に金属製品を浸すことで表面についた汚れを溶かして落とす事を目的とした化学洗浄の一つです。金属加工を行う過程で付くグリースなどの油汚れや溶接などの際に付着する黒いスケールなどをま…

色々使える酸洗い!

酸洗いは、キッチンに限った話ではありません。金属加工をすると熱処理などにより酸化皮膜が付着することがあります。これを取り除くために酸洗いは重要です。しかしこの酸洗いは、個人で行うのは難しいため業者に依頼することになります。この際の注意点などを見ていきましょう。

酸洗いにかかる費用とは

様々なメリットがある酸洗い

酸洗いとは、金属製品を酸性の溶液に浸すことで表面についたグリースなどの油汚れや溶接の際に生じたスケールなどを溶かして洗い落とす化学洗浄方法です。金属加工において溶接によるスケールや加工機材によるグリース付着汚れは避けては通れない物なので、酸洗いは非常に多くの現場で用いられています。また表面の汚れを一層できる事からより塗料が金属製品へと定着しやすくなるため、塗装前の準備としても行われます。ステンレス製品が防錆性能を発揮させるためにも酸洗いによる表面の洗浄は必須となっていますし、酸洗いは洗浄の際に製品に圧力が加わることがないため変形しやすい柔らかい金属の洗浄にも向いており、大型の金属製品だけでなくアクセサリーなどの小物の洗浄にも用いられています。

酸洗いを依頼した場合の相場

酸洗いは硫酸や塩酸などを取り扱いますし、洗浄中には有毒ガスなども発生するので薬品の性質や仕様の際の注意点などを熟知した人間が使う必要があります。加えて酸が汚れを溶かす速度や金属まで腐食してしまう速度などを考慮しないと、汚れだけでなく金属製品まで溶かして表面をボコボコの状態にしてしまいかねません。そうした事情を加味すると酸洗いは取り扱いに熟知している人材が居ない場合は外注でやってもらうことも必要になってくるでしょう。製品の材質や大きさ、また形状による表面積の広さなど様々に加味する要素はありますが、おおよそ1平米あたり2000円から3000円の範囲が相場となっているようです。これはあくまで目安であり、例えば製品ではなくパイプや角材などになると平米計算ではなくキロ単価といった形にするケースもありますので、まずは業者に見積もりを出してもらうのが良いでしょう。