酸洗いの方法とは

薬剤を満たしたプールに対象の製品を沈めるのが基本的な方法

酸洗いは金属製品に付着した汚れやサビ、溶接焼けなどを薬剤で溶解させて取り除く行為です。連結部分やネジの溝など狭い部分の汚れにも薬剤が浸透して残さず除去できるのが利点ですが、綺麗に洗浄するには対象の金属製品を薬剤の中に漬け込む必要があります。また、酸洗いは汚れの除去以外に皮膜を作る目的もあるので、均一な厚さの皮膜で全面を覆うには薬剤を満たしたプールが欠かせません。金属製品も小型の物が対象になるのが普通であり、大きくなるほど設備を用意することが難しくなります。薬剤の量も多くなるのでコストが嵩むことも注意しなければいけません。薬剤を噴霧する方法もありますが綺麗に仕上げるには高度な技能が求められます。

部品ごとに酸洗いを行う際の注意点

大型の金属製品に酸洗いを行う際はできるだけ細かく分解するのが普通です。薬剤を満たすプールの容量に合わせて分解する必要があるので手間がかかる他、分解した部品の紛失や破損にも注意しなければいけません。また、酸洗いによって形成された皮膜が部品同士を結合させる際に破れてしまうおそれがあります。特にネジの溝部分は皮膜の破れを避けることはほぼできません。ネジを締めた部分は露出していないので汚れやサビが生じるリスクは低いものの、酸洗い後に異物が付着したまま放置するとそこから不具合が生じる可能性があります。そのため、部品を分解して酸洗いを行う際はより慎重な扱いが必須です。

微小な異物が重大な不具合を引き起こすこともあるので、酸洗いの作業場は常に清潔に保つことを心がけます。

酸洗はステンレス溶接作業で必ず発生する焼け痕を処理するものです。他の研磨などよりも安いコストで行えるのが特徴で、大きな製品に適しています。